読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥のコソ道

池田ですが、イケイケではないです。イケてない方のイケダです

赤ちゃんマルチセンサー

週末、高校のお友だちのお宅へ遊びに行ってきた

 

ハッピーセットのオマケばりに

私のオマケとして、池旦那も連れていった

 

その子のおうち、小学3年生の男の子と
もうすぐ1歳の女の子がいるんだけど

私、子供と普段触れあうことないから
どんなことして遊ぼうかなーって
すごく楽しみで。

 

自分で言うのもあれだけど
わりとね、子供と打ち解けられるほうだから

もう、帰り際とか
寂しさのあまり泣かれて
服の裾を捕まれて離さなくって大変でさぁー

っていうイメージトレーニングも
これ以上ないくらいカンペキで会いにいった

 

 

そして
お昼寝から起きてきた
ごきげんな赤ちゃん登場

もう、、もうね、、
なんか普段見てるものと全然違う

大きさとか、潤いとか
ちいーさくって
ぷるぷるしてて
いーにおいするの

 


満員電車のなかで触れ合う
おじ様とかは

苦労を背中で語れます!ってくらい大きいし

なんか、言葉では語れない臭いだし

潤いは水分ではなく油分だし

ハリ?とかどこにあるの?
あ、お腹にハリありましたねー
みたいな感じ(偏見です)だから

 

 


目の前の赤ちゃんは
ただそこにいるだけで、
社会に疲れきった我々大人の癒しだった

 

 


池旦那はね
赤ちゃんと遊ぶの初心者マークだから
オドオドしてた

やっぱりここは先輩の腕の見せどころだからさ

我先に近寄ったんだけど

近寄った途端

赤ちゃんギャン泣き

 

 

おやおやなんだか様子がおかしいよママ

お昼寝してごきげんだよね?

 

初心者マークの池旦那が
初めましてーって近づく

赤ちゃんニッコニコ

あぁ、挨拶ね、してなかったからだよね

って思って

2度目ましてー

って近づく

やっぱりギャン泣き
むしろボリュームマックス

思わず、なんで?って友達の顔をみる

友達が
「あーおなかすいちゃったのかなー」

と、フォロー入れてくれた

 

ご飯食べさせてもらってまたまたごきげんな赤ちゃん

今度こそ、と抱っこを試みる

が、またしても拒否られるミラクルがおきる

 


池旦那は、

あわわわわわわー

とか呪文唱えてて

笑いをとってる

てゆーか、赤ちゃんとの会話が成り立ってる

 

 

そういや、Youtube
やたら赤ちゃんの動画見てたな

予習してきてたのか初心者マークのくせに!

まじかよ

 

池旦那の普段見せない誇らしげな顔

心の舌打ちがとまらない

くそぅ

とりあえず、いきなり抱っこだとかハグとか
外国人じゃあるまいし、、ってことだよね
だよね
だよね!


ってことで

友好の証
シェイクハンドを試みる

手をおそるおそる差し出す

小さな手に指が触れる

 

図書館で異性が同じ本を取って手が触れた時並みの
ソフトタッチだったのに

その瞬間

払い除けられる

友好の証はもろく崩れる

そしてギャン泣き

 

もうね、最終的に近寄るだけで元気に泣く泣く

泣き顔もかわいいね、なんて甘いセリフも通用しない

どんなセキュリティシステムよりも優秀

私にセンサーが反応して
涙出す

私が離れて池旦那が近づくと泣き止む

池旦那なんてビギナーズラックじゃん!

なにかがおかしいよ!

どうしたもんやら!

 

 

友達も

普段、男の人より女の子好きなのにねー

なんて言うし。

 


イケダリエ、31歳。前厄。

30代は、花ざかりではないけど、そこそこ熟した女ざかりだと思っていた

高校だって女子高だったのに

ついに女性として認められなくなってしもた

 


今日は、私がメインで来たのよ?

池旦那なんて、オマケよ?

あぁ、お子さまはオマケの方がお好きなのか

ハンバーガーよりおもちゃだもんね

 


オマケだと思っていた池旦那が子供の人気をかっさらったので

メインの私は
友達とガールズトーク楽しみましたけどね

すごい敗北感

 

 

池旦那の初心者マークの外れる音を聞いた気がした

小学3年生の男の子の方も池旦那と打ち解けてた

挙げ句のはてに
その男の子から抱っこの仕方まで教わる始末


イメージトレーニングなんてなんの意味もないことがわかった

 

 


イケてない
池田の日常

これなのか、占いの結果は

いやぁ、先週、今週と仕事の飲み会が多くて

普段大した仕事をしてないんだけど
飲み会だけは出席率高めで

血がね、ワインになるんじゃないかってくらい
ワイン漬けの日々で。

 


おまけに
ネギとかニンニクを使った料理を食べる率も高めで
イチローの安打率よりも
私のネギ率をニュースで取り上げてほしいってくらいで。

 

バットの変わりに長ネギもってマウンドに立つ準備とか万全なくらいで。

 


そんな感じでね、
この前も飲み会があったんだけど

 

最終バスに、なんとか間に合う電車に飛び乗って

しかも椅子に座れるというラッキー具合で、もちろん座った

2駅くらいすぎたころかな 『タッチ』ってゆー野球マンガ
キャッチャーに似てる
ちょっとしたLサイズの男性が横に座ってきたのだけど

その人から放たれる臭いが、すさまじくって

どんくらいかってゆーと
奈良漬け何年モノ?って思わず聞きたくなるくらい

寝かせまくりの雑巾みたいな

それが近距離15センチまできてて

私も少し離れるために
横にスライドしようと思ったんだけど

端っこに座ってしまってたから1ミリも動けないの

 

しかもね、飲み会のお店を出るときから軽くトイレを我慢してまして

電車に乗るとき、トイレに行くか迷ってたんだけど

終バスギリギリの電車だったもんで

まぁこのくらいの尿意なら
いざとなっても防御とかできるし
ヨユーヨユーって
そのまま帰るっていう賭けにでてみてたから

席を離れると最寄り駅までの防御率の計算が狂うわけで

アラサーが漏らサーになるくらいなら
奈良漬けになることを選択したんだけど

 

電車の空調の風向きが
よりによって私を向いてて
もれなく全部の香りが
こちらにくるの

奈良漬けが空調を味方につけて
パワー増してんの

 

 


雑誌アンアンの占いに
『将来を左右する男性に出会う』って書いてたけど

ここでか!って思った

 

アンアンの占い結果はこちらの記事を。

ikeda-da-da.hatenablog.com

 

もうね、

漏らすか、窒息か
ほんと将来を左右してる
振り子がぶんぶんゆってる

 

 

とりあえず、男性に気付かれないように
手で鼻を軽く押さえたんだけど

追い討ちかけるように
自分の手からね
ネギとニンニクの臭いがするの

さわやかサワデーよりも強めのディフューザー(ネギの香り)、手にしてた

 

 

もう、、この際、、立ちあがってしまいたい

って姿勢を変えようとすると

飲みすぎたワインが私の体を巡って
下の方から『ボジョレー解禁です』っつって訴えながら出てきそうになるし

墓場はここかな
私の本能寺はここかな

って思った

 


電車の中の人も少なくなって
席もたくさん空いてるのに
隣の人、地蔵のようにびくともしないし


一騎討ちが20分ほど続き
ようやく最寄り駅に着いて
一目散にトイレへとむかった

 

 

ホッとしたとき
大草原が見えた気がした

 

 

 

 


トイレから出て気がついた


最終バス、、出たあとあった

 

 

 

結局タクシー乗った
こんなことなら
いろいろ我慢しなければよかった

 

 


イケてない
池田の日常

 

2016年後半の運勢

ちょっと前に発売された雑誌『anan』とやらが
2016年後半の運勢とか恋愛に関する占いみたいな内容でして

 

 

普段そういった類いの雑誌はあまり読まないんだけど

会社にあったってのと
同僚がやたらと薦めてくるので
半信半疑おそるおそる読んでみた

ちなみにワタクシ、双子座なんだけど

双子座のページを見たらね

冒頭からいきなり

お待たせしました!

って書いてあるわけ。

あれ、、私、待ち合わせとかしてたかな

予想だにしなかったハイテンションで、私のテリトリーに土足で上がってきて

いきなり『お待たせしました!』と言う占い師ananと

なーんも待ってなくて
心の準備がうまくできてないおそるおそるの私

沖縄と北海道かなってくらい温度差半端ない

 


でも
お待たせしました!のあとに
何が続くのか気になるからさ、
先を読んでみると

いよいよ最高にハッピーな季節がやってくる

ってお知らせしてくれてた

アンアン、良い知らせだったのね

要約すると
これまでにないくらい仕事も恋もうまくいきまっせー
ってことだった

うまくいくのかーうれしいなー
なんて思いながら読み進めると

これからもミラクルストーリーで最強伝説を作れる、とも書いてあった

まじか。最強か!

そしてスパークリングな毎日になるんですって。

ラッキーアイテムは
ハンドメイドアクセサリー

なるほど。

恋愛運もね

将来を左右する出会いがどうやらあるらしい

8月に至っては、思いがけないプロポーズでうろたえるかも、と。

たしかにうろたえるなー
廊下2往復分くらいウロウロするとおもう

仕事運も、すこぶる良いって書いてあるし

もう、、楽しいことばかりですって。

 


あーもーいいことしか書いてないーって
これからの未来に期待をしていたらね

朝、着替えをしていたときに
黒いタイツをはいたんだけども

はいた瞬間に

ブチンっっ

ってゆー、スパークなBGMとともに

黒タイツが華麗なるトランスフォームを遂げて

お尻のあたりにブラックホールができた

タイツの伝線とか、よくある話として聞いたことあるし
それなりに経験してきてるけど

ウエストのあたりから裂けるとか、、あります?

後ろから見たら
腹巻きと靴下みたいになってるんだけど

グンゼさん、こんな仕様でしたっけ?
って問いただしたかった

思いもよらぬハンドメイドアクセサリー(ラッキーアイテム)ができたけど

スカートに隠れるとはいえ
さすがに大人だし
パンチラってゆーか
チラリズムを超えて
パンツが激しめのビートを刻むことになりそうだから
着替えて会社へ行きましたけどね

 

これがスパークリングな毎日

最強伝説のはじまり

ある意味ミラクルストーリー

 

 

 


やっぱり

イケてない
池田の日常

 

 

 

 

ちなみに、この日の夜にもちょっとした出来事があったんだけど
それはまた別の機会に

必死のアルペン踊り

この前友達と朝から横浜のみなとみらいに行く約束してて

すごくすごく楽しみにしていたんだけど

 

朝起きたときにね
首、ってゆーか背中全体に
カミナリ落ちた?ってくらいの痛みがあって

過去イチで寝違えてて
下しか見ることができなくなってた

 

ここでワースト記録塗りかえちゃう?
昨日の夜まで普通だったのに
朝起きたら
いきなり降りられない表彰台の上だし

 

右も左も見れない
上なんてみたら終わってしまう

 

なんか、このまま背中から羽とか生えてくんじゃないかって

むしろ生えてほしい
どこかへ飛んでいきたい
とすら思った

 


噂で聞いた
明智光秀が『敵は本能寺にあり』とか言ってたみたいだけど

今日だけは、敵は本能寺じゃなくて背中にあるよ
って教えてあげたい

 


もう、着替えとかヘルパーさんいてもできない

唯一、靴下だけはすんなりとはけた

背中にムチうって
アウストラロピテクスかなって歩きで、人間のルーツを体験しながら

駅まで車運転して
電車でゴールのみなとみらいまで向かったわけなのですが

着いたショッピングモールが
ダンジョンなのかなってくらい
どっから上にいけるのかわからなくって

首も痛くって上がらなくって
迷路をさまよい

ようやく着いた頃には
友達待たせてた

 


友達は小学生の子供と赤ちゃん連れてきてて

小学生の男の子がね
ほんと元気でさ、『アルプス一万尺』とかやろうって言ってきてて
しかも高速でやろうって

かわいいなーって思いながらも

『今日は通常営業じゃないからなー』
っつって
鎖国を試みたんだけど


やろうよ!ってキラキラした目で開国を迫られるもんだから

思わずやってしまった
アルペン躍りもなにもかも。

 


らーんららららららーんって。

最後のヘイッ!で

腰と背中、火を吹いたよね

アルプス大火事

 

そのあとも
指ずもう的な遊びで楽しんだけど

小学生に首痛いのずっと笑われてた

全力出して遊びたかった

今度は寝方から遊びが始まると思って
気を付けようって思った

 

 

 

夕方、友達親子とバイバイして最寄り駅の駐車場まで行ったときに

駐車場がね、車が通る度にポールが上がったり下がったりするやつだったんだけど

駐車場入るときに、車がちょうどポールを通るところだったから

何を思ったか、その後ろを着いていったらね

上がってたはずのポールが
私が通ったときに下がってきて

そりゃ、そうなんだよ
そういう仕組みなんだけど

ポールは自動ドアではないんだけどさ

私の首と背中にポールが
斬鉄剣のごとく降ってきた

直撃ぃぃぃぁぁぁいたいぃぃぃ

ってなったよね

 


最近、カメラアプリとかで目が飛び出るやつあるけど
アプリなしでも目が飛び出たと思う

その日のポニーテールがさ
崩れに崩れて
老婆みたいになった

とどめ刺された

これが拙者の打ち首

敵は本能寺にあり

 

 

イケてない
池田の日常

セクシャルハラスメントと私

仕事関係の方との飲み会で
おじさまに 『池田さんって、ビーなの?』って聞かれた


ビー…?
B?

 

えっと、、血液型のことかな

いやまてよ、なんか心なしか胸元を見てる気が…。

 

ひょ、ひょっとして

ギリギリ崖っぷちで存在してる
この、、なけなしの胸囲のサイズを聞いてらっしゃるの、、かしら?

 


これが、あの、セクシャルハラスメントってやつなのかな

 


セクハラっていったら、ほら

誰もいない会社の給湯室とかで部長が女子社員にしてるやつでしょ?
壁をドンって鳴らしてさ。

ドラマ見てるから
そのくらいの予備知識はあるけども

 

 

30年目の春にして
ついに私も給湯室デビューなのか
『いやぁー待たせたね!こっちの世界へおいで!』
って
ピリオドの向こうで
セクハラが手招きしてる

そ、そっちへ行ってもよろしくて?

 

なんて、予期せぬ展開に脳内変換ががうまくできず
挙動不審さに磨きをかけてると

 

あーこいつわかってねーなー
みたいな顔されて


「ビーって、ハチね、蜂!bee!」


って言われた

その日はね、黒と茶色のボーダーを着てたから

蜂と勘違いされたみたい


されるわけのないセクハラも勘違い
胸元への目線も勘違い


デビューはまだようですね
って遠ざかるセクハラ

そんな
蜂も活発になる季節なわけですが

 

最近は、会社の備品類の断捨離をすることが多かったんだけど

まぁー、捨ててもいいものがたくさんあって

ビルの1階にあるゴミ捨て場を何往復したかわからない

ちなみにオフィスは最上階で
同僚の女の子と二人で交互に捨てに行ってたんだけど

何度もやってて気が滅入りそうだったからね

少しでも笑ってもらいたいなーって思って

同僚がエレベーターに乗って1階までゴミ捨てに行ってもらった時に

最上階のオフィスエントランスで待ってて
戻ってくる同僚を笑わせてやろう!と思って

覚えたてほやほやの
五郎丸のね、ポーズで待ち構えてたの

 

 

勢いよくやってきたエレベーターのドアがあいた時

そこにいたのは同僚ではなく


別の階のフロアにいく予定だったと思われるスーツの男性

 


和製ジローラモかな、レオンかな
みたいな
パリッとした頭とスーツで
エイトビート並みのダンディズム刻んでて
barとかにいたら『あちらのお客様からです』の『あちら』が似合うような人

 

こーゆー人ならセクハラとかされたら
逆に喜んじゃう女子いるんだろーなーみたいな人が

こちらを見てほほえんでた

 

私、とっさに
間違えちゃった!みたいな顔をしてみて

 

向こうも、『こっちが間違えてますから』
ってフォローする感じで見てきて

 

二人で乾いた空気をどうにかしようと
うんうん、うんうん、って首をコクコクしてた

 


今、『レオン VS 五郎丸 の戦い』ってゆータイトルで
銀幕デビューできんじゃないかなって思った

 

チーンっていう、エレベーターの音ともに
銀幕が閉じられて
表示板の下がる数字を見送りながら

 

チーンと下がる血の気とテンションを
どうにかしてほしいなーって思った

 

 


イケてない
池田の日常

イケてない健康診断、、、

健康診断へ行ってきた


遠足や運動会の前の日症候群が発症して
昨日から眠れなくて
完全に寝不足だし
朝ごはん食べちゃいけないから元気でないし
絶好調か絶不調かでいったら間違いなく絶不調の方だった

 

しかも朝の満員電車を降りたときに
人とぶつかってしまって
カバンの中の荷物がバラバラと落ちてしまうハプニング


転がり落ちる荷物の中に
茶色のビニール袋があって
パッと見、目薬かなんかの袋かなって思われそうなやつだったんだけど

朝、家のトイレで取れたての
尿検査のキットだったわけで

どしどし電車から降りてくるサラリーマンに蹴られて

軽いドリブルされて
なかなか拾えず

尿ーーーー!(NOーーーー!)
って思わず叫びたくなった

 


そんな感じで、命からがら死守した検体を持ち
戦場へと行ったわけなんですが
身ぐるみ剥がされて
装備は検査着のみ

 

聴覚検査から始まり
身長、体重、体脂肪率、血圧、視力検査、肺のレントゲンと進んで、
若干(体重、体脂肪の振り幅あたりの)難があったものの、とりあえずクリアしてって

 

すごく苦手な血液検査

血液を抜かれる時って
スーっと、気力とか魂とかまで抜かれる気がして
いつも手こずるの(看護師さんが)

 

いつも丁重にお断りをするんだけども
『座ってダメなら横になって採ってみよー』戦法で攻めてくる
割と看護師さんの強めの攻撃をうけるのです

今回もね

池田さーんって呼ばれて

横にいる人にむかって
呼ばれてますよ?って顔して見てみたんだけど
私ではないって目で訴えられたから

他の池田さんを探したんだけど
どこにも池田さんいなくて
間違いなく私で

ノー!ノー!ノー!ノー!っつって
首をブンブンふって
自分の意思をお知らせしてみたんだけど

 

腕つかまれて、捕虜みたいになって
奥にあるカーテンで仕切られてるベッドのあるとこに連れてかれた

百貨店でいうところのvipルームね

差し出せる腕も血液もありませんって、ここぞとばかりに説得を試みたんだけど

笑顔で『検査ですから』って逆に説得されて

デスノートがあったら間違いなく名前を書いちゃうぞって思ったんだけど

なんせ私の装備は検査着だけだし

ここは看護師さんのホームで
私はアウェイで到底敵う相手でもなくて

じっとしてくださいね!って

向こうもだんだん険しくなってくるもんだから

お手柔らかにお願いしますねって
最後はされるがままになった

 


手をグーパーグーパーしてくださーい
って言われてたんだけど

これから上映される大スペクタクルが怖くて
自然と口が半開きでウーパールーパーみたいになってた

たぶん、吸いとられてるとき白目だったと思う

看護師さんにも
深海魚の相手してるんじゃないかなって
思われたんじゃないかな

そんな、血で血を洗う激しい戦いであった(完敗だったけど)

 


最後に先生の診察があったんだけど

寝てない、食事してない、血をとられた私に対して

熊のプーさんみたいな先生が

池田さん、1年ぶりだけど元気だった?

ってめちゃくちゃフランクに聞いてきた

いいとものタモさんかなってくらいのフランクさ。

あれあれ?プーさん、私と友達でしたっけ?ってツッコミたかったけど
そんな元気ないので

はい…はい…って上の空で返事だけしてた

 

先ほど撮影した肺のレントゲン写真と、去年撮影した写真を比較しながら

医者:
池田さんねー、これが去年の。これが今日の。何か違いわかる?

って間違い探しの問題を出されたから

私:
胃袋の、大きさが今年の方が大きい…ですね

ってファイナルアンサーしたんだけど

医者:
見るとこ、そこじゃないんだよねー
ってあしらわれた

結果、去年と変わってないよーってのが答えだったらしい

医者:
まぁ、強いて言うならば、、背骨がね、曲がってるかな

散々、肺の話をしていたのに
診断がまさかの放物線を描いた背骨の話

こればっかりはねーしょうがないねー
って、なんのアドバイスもないまま部屋を出された

 

ちなみに視力検査は両目ともパーフェクト
それを上司に話したら

『池田さんの良いところは目だけなんだねー』

って言われたよ

 

 

イケてない
池田の日常

深夜にラーメンを食べたとき

今から一緒に
これから一緒に
殴りに行こっおっかー
by CHAGE&ASKA

 

私の最寄り駅、ちょっとしたショッピングモール的なのがあるんだけど

友達がそこで働いてるから
仕事帰りに買い物をしに行った

 

んで、友達が仕事終わるの待って

『これからいーっしょに、ご飯でも行こっおっかーぁぁ♪』ってなって

 

ラストオーダーギリギリの
一風堂』ってラーメン屋さんに行ったのね

 

22時過ぎにラーメンて
いろいろと気にしなきゃいけないお年頃のはずなんだけど

空腹には耐えられず
思いっきりトッピングとかしちゃって
コレステロールと尿酸値を上げながら
二人でズルズルっとしてきた

 

んでね、やっぱりそこは女子二人
会話も溢れんばかりのトッピングをしちゃって
ずるずるっと話し込んじゃって

気がつけば店内私たちだけになってた

 

その現実を見て見ぬふりしながら
まだまだ会話のトッピングが追加されてたんだけど


女性の店員さんがやってきたので


『これからぁーいーっしょに、そろそろ出よっかーぁぁ』って空気になったんだけど


やってきた店員さんの様子がおかしいのね

なんてゆーか、焦ってる?みたいな

バファリンの半分が優しさだとしたら、
店員さん半分青ざめてる?みたいな


おまけに
どうしよう、、的なのが聞こえてきてて


なんでも話してごらん
って大海原のように広く受け止めようって話を聞いたんだけど

 

要約すると
お店の閉店時間をとっくにすぎてて
ショッピングモールのお客さん出入り口が全部しまってるとのこと

従業員専用の出口しかないけど、セキュリティカードがないと出入りができないということ

本来なら警備員が残された人がいないか見回りにくるはずなのにスルーされてしまったこと

を青ざめながら話された

 

おーけーおーけー、大丈夫大丈夫
って言ったんだけど


店員さんたちが
完全に大丈夫な感じではなく
店長的な人が出てきて
事件です的な感じ出しながら
警備室に電話とかしてたわけ

 

こっちも申し訳なくなってきちゃって
大海原とか出してる場合じゃないな、と

少しだけしぼんでみた

 

そうこうしてるうちに
警備員との連絡とれたみたいで
店員さんのカードを使って裏口から出ることになったんだけど

こちらが二人なのに対して
一風堂の店長を筆頭に店員さんプラス二人もついて


なんか一風堂のユニフォーム黒い服だし
完全なSPみたいになってて

紅白に出たCHAGE&ASKAってこんな感じかなって思った

ここは、NHKホールの花道か、と。

 

有働由美子アナウンサーあたり
その辺の角から出てくるんじゃないかと。

 

向こうからやってきた
どこかの店舗の女性スタッフが
すれ違い様に、持ってたメガネを落としてた


あー、私たちスター気取りで歩いちゃったからな
オーラに驚いたかな

 


花道歩きながらね
ショッピングモールの裏側をみた

働いてる人の目標とか書かれたものが貼られてて
前向きな未来がたくさんそこにあった

 


私なんて、毎日ぐだぐだでやんなっちゃう

まさに『嫌ぁぁぁー嫌ぁ嫌ぁぁぁぁー(Yah---!Yah-!Yah---!)』だなと思った

 

出口についたころには
一風堂の店長さんとも打ち解けてて
今から一緒に、これから一緒に どこかへ行けるんじゃないかってくらいの
熱い挨拶をして

ドアを開けた瞬間の達成感は半端なかった

ドアから先は別世界のようだった
でも終バスギリギリの時間
どうにか飛び込みセーフ
これが現実


イケてない
池田の日常