読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥のコソ道

池田ですが、イケイケではないです。イケてない方のイケダです

空前のコール

アイドルとかに憧れる時期って
あると思うんだけど


私もね、小学生くらいの時にSMAPとかかじってた時期もあって

シンゴー!っつって、テレビの前でシンゴコールとかしていたこともあったりして。

 


んで、現在
池田ぁぁ!っつって、イケダコールをされるんだけども、会社で。

コールなると、だいたいお叱りをうけるときです、はい。

同じコールなのに、この違い。

 


もう、かれこれ
大人になってから10年とちょっと経つんですけど。

選挙も行っちゃう大人。

投票とかしちゃって、驚くほど政治とか知ったかぶりしちゃうくらい大人。

の、はずなんだけどねー

 

子供のころは、大人になったら怒られたりすることってなくなるって軽く考えてたのに
現実はだいぶ違っちゃってるし
思いもよらぬ変化球な人生歩んでる。

少し大袈裟かもしれないけど
右足出せば、「ここは左足出すところだから!」って言われて

手を出すと「今は手とかじゃないから!」って指示されるレベルでして

あー、、手も足も出ません!ってこーゆーことか!ってね
まさにお手上げ状態なんだけど

それでも、カミナリが容赦なく飛んでくる
初めて会ったときから決めてました!ばりに、ほんとコントロールよくって、カミナリ私へ一直線

これが、あの大好きだったSMAPが何度も何度も歌っていた
炎でカラダを焼き尽くすイナズマなんだ、と悟る

 

 

なんていうのかな、お叱り総選挙があったら
間違いなく会社の中で不動のセンターポジション。

完全な1人勝ちを手にしている感じで

私のことは嫌いでも、私の仕事ぶりだけは嫌いにならないでください、って
トロフィー持ってスピーチできるんじゃないかと思う

 


職場の先輩には「怒られるうちが花だよー」って、なけなしの慰めをいただくんだけど
目黒川の桜か、池田か、ってくらい花しか咲かせてない
年中ずーっと花見できる穴場スポットは、ここです
混じりっけなしの国産の花が見れます

 


確かに、転職組なんでね、社内では私が一番の新人ではあるんだけど

花も恥じらうアラサーっていったら、ビジュアル的にもキャリア的にも
むしろ怒る側でもおかしくないわけで

そろそろオバマさんの名言でもある、「チェンジ」を
ここぞとばかりに使いたいっていうか
怒られる党からの政権交代を夢見ます

それこそ怒涛(怒党)の出馬になるだろうけど。

そんな感じで、これからも
不動のセンターの名を欲しいままにして
焼きつくしていくつもり。ゲッチュ!

 


イケてない
池田の日常

 

怒られたとき、悲しいとき
空を見上げながら頭に流れる曲
上を向いて歩こう、の
歌詞を生み出した『永六輔』さんがお亡くなりになったそうで。

そんなニュースを見て今日の話を書こうと思いました

ご冥福をお祈りします