読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥のコソ道

池田ですが、イケイケではないです。イケてない方のイケダです

風のように走れるようになりたい

遠い異国でのスポーツ祭典が終わりまして

戦士たちのドラマにね

特に、福原愛ちゃん(27)の涙にね、もらい泣きをしそうになりながら見てました

あー、愛ちゃんも27かーって。

私、27のとき何してたかなーっつって。

 

 

前回、富士登山の話を書きましたが
私には20代で達成したかったことがもうひとつあって


フルマラソン完走だったんだけど

実は27のときに、東京マラソンに出まして。

 

オリンピック出場の切符をね、手に入れようと。は、思ってなかったんだけど

 

なんてゆーか、「東京マラソン出場します!」って声高らかに、なんなら少し裏返っちゃうくらいのハイトーンボイスで宣言するんだけど

 

誰に言っても、「お前、、走れんの?」って聞かれてさ

もう、軽く「むかしむかしあるところに~」のフレーズよりも聞き飽きたってくらいの、走れんの?コールを浴びまして。

 


そこまで言われちゃぁ
負けられない戦いがそこにあるってゆーか

完走してやろうと。見返してやらうと。

 

東京マラソンは、お江戸の町をエッサホイサするんだけど
名所をまわれるだけではなく
制限時間が他の大会よりもユルいから初心者でも完走できるのね

その完走率びっくりの97%! てことでね、半年前から準備しまして。

 

まずは「マンガで解説!初心者でも完走できる本」を読破して。

 

 

3か月前からでもできる!マラソン!ってゆーサイトを見まして。


1か月前は真冬だし、外出れないし、実家で紅白とか見ちゃって。

サブちゃんが祭りだ!祭りだ!って言ってるのを横目に

 

あれよあれよという間に
気がついたら大会のスタートの30分前で。

 

サブちゃんよりもお祭り騒ぎの参加者だらけのスタート地点に
もののけの森へ足を踏み入れた迷子みたいに立ってた。

 

 

まさかのNOトレーニングで
これがホントの脳トレ(NOトレ)か!って。

 

 

んで、隣にいた人に、「早歩きでも完走できっから!」って励まされながらスタートしてた

 

 

42キロ早歩きかぁー。
そんなもん、「ちょっとそこまで」くらいのお出かけ感でしょ!って思ってたんだけど

 

あのメロスだって友人のために走り続けられたし

 

私もね、完走したら、プロポーズのひとつやふたつ

してやろうと、、本気で。

 

20キロくらいまでは勝算あり!って感じで

東京タワーとか写メ撮りながらの、おのぼりさんだったんだけど

 

 

25キロでガクンとペースダウンしまして。
頭の中ではゴールテープをね、何度もくぐってるのに
足が全くついていかなくて。

 

下半身だけ別物になってた。
いけっ!そこだ!って脳が指示だしてんのに、全然スマッシュが決まらないの

 

沿道歩いてる池旦那(当時は結婚前。応援で来てくれた)の方が早いってゆーね。

 

 

ついに35キロの一歩手前で
ゴゴゴゴッと関門が閉じられ
リタイアという名の
泥メダル を手に入れなくてはならなくなったことに

悔しさと、足の痛さで大泣きしてた

 

 そして、プロポーズもできず

婚期をまた逃したことへの敗北感。

 


完走率97%。
私は3%の野党だった。

 

 

走れんの?コールの与党たちの、「ほーらね」という顔がチラついて、悔しいから
ここは完走したことにしとこう!
と思ったのもつかの間

 

 

その日の夜に友達からのメールで
「あんたのリタイアの泣き顔がテレビに出てた」
と。
さらに「徳光和夫かと思った」と。

 

 

福原愛ちゃん(27)の涙は国境越えて
日本国民を感動させてたけど

私(27)の涙は、友達のネタにされただけだった

 


イケてない

 

池田の日常

 

 

 

そして今年も徳光和夫東京マラソンエントリーしました

当たるといいな