読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥のコソ道

池田ですが、イケイケではないです。イケてない方のイケダです

夏に残ったもの

外から聞こえる音が
蝉の声から鈴虫の音色へ
まるでグラデーションがかかってるようにバトンタッチされてる9月

嗚呼、夏が終わる
終わるのだ

 

夏休み、花火、海、昆虫採集、絵日記、浴衣、、、思えば、夏らしいことなんて
明日でいいや、明日すればいいやって
得意の先延ばしにしてた


結果、何もしてない
夏だろうとなんだろうとお構いなしの普通の日々

そして、アレも先延ばしにしてた

そう、アレ。

ダイエット。ってやつ。

 


この夏は、会社で「池田さん、それピエロみたいだね」って言われながらも

トレンド?を意識して、ガウチョパンツだとか、スカンツとかいうの穿いて必死に体型隠して

さんざん見て見ぬふりをしてきてたんだけど
鏡で自分を見つめるという一種の拷問を受けたときに

あれ?どこのムーミンかなって。
まさにハンプティーダンプティーを描いた体型。

 

これが自分であり、現実なのだ、とスピードラーニングのように言い聞かせるのに必死の毎日。

なんかね、夏は痩せやすいらしいよーって噂で聞いたから存じ上げてた

夏は黙ってても痩せるんじゃなかったの?
ヒルナンデスあたりでそんなこと言ってなかった?

 

今の私、酸素だけでも高カロリーに感じるんだけど。
かなりのデブナンデス。

思えば、痩せるチャンスはたくさんあったんだよね

明日から~明日から~を呪文のように
心のなかで毎日唱えるだけ唱えて
夏だし、痩せやすいしっつって
ラーメンとか揚げ物をがっつがっつ食べてた

結果、きれいに体重推移だけが一直線に右肩上がった

悟空がスーパーサイヤ人ブルーとかに進化を遂げてる間に

私の太もももだいぶ進化を遂げてて
骨が脂肪によってラッピングされちゃってて
かなりぐるぐるに包まれてて
ちょっとした芯が残ったアルデンテみたいな足になってるし

それと、あたしのお腹、境界線どこにあったっけ……。 くびれとかもどっかに落としてきたみたいで

くびれのやつ、かるーくグランドライン越えちゃって肥えちゃって

生活感のない部屋を心がけてるのに、おもいっきり生活感モロ出しなお腹

生活感ここにあり!って感じで。

 

あとね、おしり。
ジャンプすれば縦揺れ
フラフープすれば横揺れ
もうね、直下型地震きちゃってるくらい揺れるの

震源地ここか!って。

んで、地震によって地割れがおきてさ、真っ二つになるおしり。
別れた左右がね、重力によって、一目散。
右のおしりも左のおしりも
下に、下にと競ってる

とにかくね、ちっとも痩せなかった

そんな夏がもうすぐ終わる

涼しさと紅葉を引き連れた秋がもう近所の角まで来てる

秋、、追い打ちをかけるように駆け巡る、食欲のアレ。

押し寄せる食欲に勝てる自信は、ない

 

もーね
おたく、どこの相撲部屋なの?って
いつ聞かれてもおかしくない

出会い頭の力士に勝負挑まれても仕方がない

のこった、のこった、っつって

この夏、残ったのは
日焼けの跡と
圧塗りされた脂肪だけ。

 


イケてない
池田の日常