読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥のコソ道

池田ですが、イケイケではないです。イケてない方のイケダです

君の名は?

前の日まで、台風がね
来る、来るって、言ってたのに
予報が狂って、ドタキャンしてきたもんだから

なんかねー、ヤツにも限界が見えてきたんだろね


後のことは頼んだ…ってね、太陽に遺言残したらしく

昨日はね、
暑いくらいに晴れまして。

 

 

そんで私はというと
表参道にね、仕事で行く用事があったからね

 

青空広がるなか
大通りを1人で歩いてたの

 


表参道ってね、人間の勝ち組みたいな
無敵で素敵な方々の聖地、とでも言いますか

 

芸能界へのスカウト的なものも繰り広げられてますし

なんらかの雑誌の撮影なんかもそこらで行われてる。

 

お店もね、どこを切り取ってもオシャレで
GUCCIだの、BVLGARIだの、Diorだの
そりゃぁもうハイブランドが揃いも揃って立ち並んでるのね

 


こんな私でも
GUCCIとか、百貨店の一角にある店舗とかは行ったことあるし
商品とかもね、お目にかかったことはあるんだけど

表参道のは全くご縁がなくて
行ったことがない。てゆーか、怖くて行けない。

 

だってさ、ひとつひとつの建物がブランドの店舗になってるから

そのブランド目当てで入るわけで
入ったら逃げ道ないってゆーか
内戦地に丸腰で行くようなもので
そのまま捕虜にされちまうんじゃないかって。

だから買いもしないのに入る、とか勇気が出ないなーって。

そう思いながら歩いてた。

 

 

表参道は、服を着せてる犬を散歩してるセレブとかいる。
絶対その犬の服、私の今のトータルコーディネートよりお高いんでしょ?って。

 


あとね、すれ違う人達もモデルみたいな人ばかりでね
いい匂い振りまいてるの

自分の周りがちょっとしたパリコレ。


そんな世界の中、歩いてたからね
自分もその世界の住人と勘違いしたんだろうね

 

後ろから男の人の声で『すみませーん』って言われて。

初めは自分のことではないと思ってそのまま歩き続けたんだけど

すみませーん、のアンコールがきたからね

あーこりゃいよいよ私のことかな、って。
なんらかのお声がかかったのかな、って。

 


なんか最近『君の名は。』ってゆー、あんただれ?って、名前を聞いてくる映画とか流行ってるみたいだしね

その映画が『風立ちぬ』とかを超えた、とかヤフーニュースで見たしね

 


だから『私の名前は池田だが』って感じでね、軽く自己紹介でもしてやろうって振り向いてみた。

 

 

そしたら、その男性が『美容師なんですけどー』って言ってきてたんだけど

 

 

男性の目線が私の方を向いてなくて。

私のすぐ後ろにいたキレイめなパリコレモデルに向けられてて。

 

 

要は私ではなかったってことだったんだけど
私も勘違いで終わらせられないくらい
風立ちぬ も、台風も超えるくらいの風速で振り向いてたから

体を引っ込めることができなくて

 

いやぁ、私が振り向いたのは呼ばれたからではないんだよーってことをアピールしたくて


振り向いた先にあった、超ハイブランド、CHANELの店舗に
咄嗟に入ることしかできなかった

そうそう、私、CHANELに用事が~ってね、そんな感じで。

 

 

恥隠しのために入ったCHANEL

初めて入った記念すべき表参道CHANEL

 

 

3回くらいアイロンかけたんだろな、ってくらいのピシッとしたスーツの店員さんに
いらっしゃいませーって弾丸を浴びせられて初めて
自分が戦地へ入り込んだことに気付いて

 

もー全然いらっしゃってません!!
って思って、転がるように逃げ帰った

 

 

イケてない
池田の日常