読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥のコソ道

池田ですが、イケイケではないです。イケてない方のイケダです

落としたのは金と銀、さあどっち?

ちょっと前にね

ジャニーズの某グループの
コンサートに行く機会がありまして。

 


ジャ、、ニーズですよ、ジャニーズ。
女の子の永遠の憧れ。

 

女子のThe ニーズを鷲掴んでますよね、あれは。

そんなね、自分のニーズには当てはまってなかったコンサートへのね

ちょっとしたお誘いを、、うけたんだけど、この私が。

 

いやいやフレンズ、周りをもう少し見渡して。

 

正直、嵐までぐらいしか分からない私よりも
もっと詳しそうな人とかいたと思う。誘うべき人。

 

そんな中、よくこの右も左もわからないような
初心者に声をかけたなー、と。

 

でもね、今後の人生でジャニーズなんて行くことないかもしれない。

 


自分が晩年になって、虫の息で三途の川を渡ろうとしたときに
川から出てきた女神から
「あなたの落としたのは金のジャニーズ?銀のジャニーズ?」って
聞かれたとして

うわぁ私、人生で一度もジャニーズ経験してなかったわー、つって
「どちらもありません、むしろ落とすほどジャニーズ持ってません」って
モジモジしながら、すごい後悔に包まれて成仏できないかもしれない。

 


てことで、オファーをね、受けて行ってきた。

会場に着いてみるとね、すごい人。人。人。
てか女性ばかり。

 


この世界の半分は男性でできているっていう噂を聞いたことあるんだけど

みじんも男性を感じられないほどの女性率。

 

 

しかも、みんな暑いのか、うちわ持っている人ばかり。
あれ、もしかして、ドレスコードがうちわだったりする?
私、思いっきり手ぶらで来ちゃってんだけど。

 


なんていうのかな。
エヴァンゲリオンに初めて乗るときの碇シンジの気持ちってこんなかな。と。

ここの会場が第3新東京市だったのか、と。

 

そう思ってね、自分と周りのギャップに驚いてた。

 


時刻はまもなく開演。あたりが暗くなる。
巨大スクリーンに、アーティストの映像が流れる

 


その瞬間、進撃の巨人がやってきたのかと思うくらいの
キャーーー!!!って黄色い叫びが聞こえる。

 

私もね
あ、今、キャーって言わなきゃいけないのか!って思ったんだけど
完全に出遅れる。

 


31年もね、生きていると、キャーなんて声は
喉の奥の引き出しにしまいすぎて、すぐには出てこないんだよ、っと。

たとえ巨人が相手でも、この声は冬眠から目覚めないんだ、凝り固まって。

 

しかもまだ映像だよ?本人じゃないんよ?そういうものなの?
ジャニーズのコンサートの楽しみ方、っていうルールを誰か教えてーーー

出だしから完全にアウェイ感。

 

んで、本人たちが登場すると、地鳴りがしそうなくらいの
ンギャーーーーー!!って声とペンライトの光に包まれる。

 


生まれたての赤ちゃんの時よりも、ンギャーしてる人ばかり。
中には本当に泣いている人もいた。
圧倒された。

 


そして、コンサートが始まると今までの自分の価値観とかが覆されることばかりだった

 

ファンの人たち、チームワークがすごい。
みんなスイッチを同じタイミングで変えたりして
ペンライトが同じ色になる

 

あ、キレイ。って本気で思ったし、アーティストの人もきっと
こんな中で歌えるのって気持ちいいんだろうなーと。

 

ジュニア、と呼ばれる小さな子たちも
学校とかあるだろうに、ダンスもしっかり踊ってて
ちょっとした母親の気分になった。涙ぐみながら心からの拍手を贈ったよ。

 

アーティストさんはアーティストさんで
歌ったり、踊ったり、衣装がポーンて一瞬で変わったり
くるくる回ったり、動く舞台に乗ったりして
1秒も休まず働いて、私たちを楽しませようとしていて

初めて人が空中を舞いながら歌うのを見たよ。

 

 

あとね、どの席にいても必ずそこのファンの方向にやってきてくれるの。
ディズ○ーのキャラクターよりもサービス半端ないと思う。
もうね、エンターテイナー。
アカデミーあたりの賞をあげたいくらいだった

 


初めてのコンサート、初めて聴く曲ばかりだったけど
全然退屈しなくて、むしろ楽しんでいる自分がいて


さすが。
ジャニーズに天下を見た気がした。

 

これで私もジャニオタに一歩近づいたかなーて

 


そんな感じでね、一緒に行った子に
いやぁ、ジャニーズのすごさを見たわ。めちゃくちゃ楽しかった。
って感想をね、言ったら

 


えーー目当ての子は見れたのはよかったけど、今日のは、いつもよりは手抜きだったわー。

 

って、私の感想に被せるように完全否定された。

本物のジャニオタって怖い。

 


そして、私はまだまだだ、ということを思い知らされた

女神様に『あなたが落としたのは?』と聞かれて

金のジャニーズです、と胸を張って言える日はまだまだ遠いのだな、とも思った

 

 


イケてない
池田の日常