読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥のコソ道

池田ですが、イケイケではないです。イケてない方のイケダです

セクシャルハラスメントと私

仕事関係の方との飲み会で
おじさまに 『池田さんって、ビーなの?』って聞かれた


ビー…?
B?

 

えっと、、血液型のことかな

いやまてよ、なんか心なしか胸元を見てる気が…。

 

ひょ、ひょっとして

ギリギリ崖っぷちで存在してる
この、、なけなしの胸囲のサイズを聞いてらっしゃるの、、かしら?

 


これが、あの、セクシャルハラスメントってやつなのかな

 


セクハラっていったら、ほら

誰もいない会社の給湯室とかで部長が女子社員にしてるやつでしょ?
壁をドンって鳴らしてさ。

ドラマ見てるから
そのくらいの予備知識はあるけども

 

 

30年目の春にして
ついに私も給湯室デビューなのか
『いやぁー待たせたね!こっちの世界へおいで!』
って
ピリオドの向こうで
セクハラが手招きしてる

そ、そっちへ行ってもよろしくて?

 

なんて、予期せぬ展開に脳内変換ががうまくできず
挙動不審さに磨きをかけてると

 

あーこいつわかってねーなー
みたいな顔されて


「ビーって、ハチね、蜂!bee!」


って言われた

その日はね、黒と茶色のボーダーを着てたから

蜂と勘違いされたみたい


されるわけのないセクハラも勘違い
胸元への目線も勘違い


デビューはまだようですね
って遠ざかるセクハラ

そんな
蜂も活発になる季節なわけですが

 

最近は、会社の備品類の断捨離をすることが多かったんだけど

まぁー、捨ててもいいものがたくさんあって

ビルの1階にあるゴミ捨て場を何往復したかわからない

ちなみにオフィスは最上階で
同僚の女の子と二人で交互に捨てに行ってたんだけど

何度もやってて気が滅入りそうだったからね

少しでも笑ってもらいたいなーって思って

同僚がエレベーターに乗って1階までゴミ捨てに行ってもらった時に

最上階のオフィスエントランスで待ってて
戻ってくる同僚を笑わせてやろう!と思って

覚えたてほやほやの
五郎丸のね、ポーズで待ち構えてたの

 

 

勢いよくやってきたエレベーターのドアがあいた時

そこにいたのは同僚ではなく


別の階のフロアにいく予定だったと思われるスーツの男性

 


和製ジローラモかな、レオンかな
みたいな
パリッとした頭とスーツで
エイトビート並みのダンディズム刻んでて
barとかにいたら『あちらのお客様からです』の『あちら』が似合うような人

 

こーゆー人ならセクハラとかされたら
逆に喜んじゃう女子いるんだろーなーみたいな人が

こちらを見てほほえんでた

 

私、とっさに
間違えちゃった!みたいな顔をしてみて

 

向こうも、『こっちが間違えてますから』
ってフォローする感じで見てきて

 

二人で乾いた空気をどうにかしようと
うんうん、うんうん、って首をコクコクしてた

 


今、『レオン VS 五郎丸 の戦い』ってゆータイトルで
銀幕デビューできんじゃないかなって思った

 

チーンっていう、エレベーターの音ともに
銀幕が閉じられて
表示板の下がる数字を見送りながら

 

チーンと下がる血の気とテンションを
どうにかしてほしいなーって思った

 

 


イケてない
池田の日常